ブログ

フルートのブレス(息づかい)について②

こんにちは!ラパン音楽教室、門前仲町校フルート・ピアノ講師の八百板です♪

桜が満開となり、お仕事終わりに桜を見てきました🌸

もう少しもつようなので、もう一度ぐらいお花見をしたいなと思っております!

 

今日は前回に引き続きフルートのブレスについてパート②として書いていきます✨

ブレスのポイントは大きく分けて以下の2つです!

○動きを最小限にしてブレスを取る。

口を大きく開けてブレスを取ったほうが早く吸うことができると思われるかもしれません。しかし口を大きく開けてしまうと、せっかく作った口の形を戻すことに時間がかかるので、最小限の動きの中でブレスを取ることを心がけましょう。

○息を全部使い果たしてから吸うのではなく、余裕のあるうちに吸って「息の貯金」をしておく!

本当に息がないときにだけ吸うと、立て直そうとして余計な時間がかかってしまいます。そうすると音楽の流れは止まってしまいます。なので、フレーズの切れ目で少しずつブレスを取って「息の貯金」をすることが大切です。

以上2点に気をつけてブレスを取るのがおすすめです!

無料体験を申込む

ラパン音楽教室、門前仲町校はの生徒様は、こちらの地域から通われています♪

門前仲町、深川、冬木、福住、佐賀、木場、三好、平野、清澄、白河

★ラパン音楽教室、門前仲町校はLINE@でお問い合せができるようになりました★
友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る