ブログ

フルートのブレス(息づかい)について

こんにちは☀️昨日18日にコロナウイルスによる休講を明けて、皆様とお会いできるのをとても嬉しく思っております!!

ラパン音楽教室、門前仲町校フルート・ピアノ講師の八百板です🌱

今回は最近のレッスンでよく話題に出る【ブレス(息づかい)】について2回に分けて書いていきます!

フルートのような管楽器は、息を吐くことで音が出ます。
そのためには吸うことが重要です。これを「ブレス」といいます。
このブレスをいかにとるかで演奏の表現、メロディーの聴き心地は変わってきます。

ブレスを取るときに一番大事なポイントは、「音楽が流れていく中で自然にブレスを取ること」です。
みなさんは誰かと話すとき、どこで息を吸ったかなんて考えたこともないですよね?
しかし楽器を演奏するときはどうでしょう?どこでブレスが取れるか、音楽とは関係なく息が続かなくなったら取るということがあるかもしれません。
では次回は「音楽が流れていく中で自然にブレスを取る」ために必要なことをまとめていきたいと思います!

関連記事

ページ上部へ戻る