ブログ

譜読みの効果的な練習方法♪

おはようございます!

ラパン音楽教室門前仲町校、フルート・ピアノ講師の八百板(やおいた)です🌱

今週のレッスンは新しい曲の譜読みをすることが多かったので、初めて演奏する曲の取り組み方について書いていきます✨

まず楽譜には作曲家からのメッセージが沢山込められています!

以前「クラシック音楽を学び演奏することは、考古学に似ている。」と本で読んだことがあり、その通りだな!と思いました。

なので、初めて曲に取り組むときは

①強弱記号や表現方法を記した楽語の意味をしっかり把握する!

②演奏の速度を知る!

の二点が大切です!

①は知らない単語があれば英語や漢字の勉強と同じように、調べるようにしましょう✨

②に関しては少し補足していきます!

曲の最初に音符と数字で示されているのがメトロノーム記号で、速度が書いてあります。

ですが、最初から書いてある通りの速度で練習しなくて大丈夫です♪

その際メトロノームを使い書いてある速度より遅くして、一定のテンポで演奏できるようにするのが効果的です!

最初は遅いテンポでも、ずっと同じ速さで演奏することがとても大切なことなので、是非活用してみてください😊

関連記事

ページ上部へ戻る